お歳暮ってそもそも何?誰に贈るべきで、実は正確に知らないベストな時期と相場

12月は『お歳暮シーズン』と言われていますが、そもそも「お歳暮」って何なのか知っていますか?

「日頃世話になっている人達に贈り物をする」ということは漠然と分かっているかもしれませんが、お世話になっている人とは、どのあたりまでの関わりの人のことを言うのでしょうか。

また、どれくらいの値段のものを贈ればい失礼がないのでしょうか。そして関わり合いの度合いによってどの価格帯の贈り物を選ぶべきなのでしょう。

また実際贈るタイミングですが、ベストな時期があるというのはご存知でしょうか。

このページでは「お歳暮」について基本的なこと、常識として知っておくべきことをご案内します。

お歳暮とは?

お歳暮は、普段お世話になっている人に年末に品物を贈る行為であり、その贈る品物のことをいいます。

お歳暮の由来と歴史

お歳暮の由来は「歳暮の礼」という習慣にあるとされていますが、元々日本では、年末に歳神様(としがみさま)に酒や魚、餅などを贈る習慣が古くからあったようです。(歳神様は生活を守護する神様と考えられ、大晦日の晩にやってきて、その後一年間家にとどまると言われていました。)

その後、お正月に先祖の霊を迎えるために必要なお供え物を「嫁いだり分家したりした人」が「本家」や「親元」に12月31日に手渡しで贈る習慣へとなっていきました。このお供え物は、塩鮭や鰤、餅や、神酒のつまみになるような、かずのこやスルメなどの珍味でした。。

この「歳暮の礼」がいつから始まったかはっきりしたことは分かっていませんが、室町時代ごろまでには既に確立されていたと言われています。

江戸時代には、武士達が武士の組合の組頭に年末に贈り物をしていたという記録も残っているようです。そして、商人達が年末に得意先などに挨拶回りをするようになり、お歳暮の習慣を定着させたと言われています。

明治時代になると、親や親戚、お得意様やお世話になっている方にもお歳暮を贈る習慣が次第に定着していき、明治30年頃には現在の「お歳暮」の形になりました。

お歳暮とお中元の違い

「お歳暮」と同様に、お世話になった人達に品物を贈る「お中元」という習慣があります。この二つはどう違うのでしょうか。

「お歳暮」も「お中元」も感謝の気持ちを伝えるという点では同じなのですが、「お中元」は半年間での感謝「お歳暮」は一年間の感謝の気持ちを込めて贈るものとなります。

「お歳暮」と「お中元」の一番の違いは贈る時期です。

基本的に「お中元」は7月初旬から8月中旬までとされています。一方「お歳暮」は基本的に12月中旬頃とされています。

また「お中元」は夏、「お歳暮」は年末=冬ということで、贈る品物の内容が若干異なります。例えば「お中元」では、ビールやそうめんなどが選ばれる傾向がありますし、「お歳暮」では日本酒や鍋物の具材などのようなものが多く贈られます。

また「お中元」よりも「お歳暮」の方が若干相場が高くなるようです。

お歳暮は誰に贈るのか?

お歳暮は次に挙げる人達に贈るのが一般的です。

・両親、義父母
・仲人
・上司
・取引先
・お稽古事の先生

上に該当するものがなくても、あなたが「お世話になっている」と思い、感謝の気持ちを伝えたいのであれば、是非お歳暮を贈るべきでしょう。

お歳暮は親にも贈る?

たとえ独立したとしても、今まで育ててもらった恩があり、これからもお世話になることもあるかもしれませんので、お歳暮は贈るのが基本です。ただし、家庭によっては、「贈らなくてもいい」としているところもあります。その代わり「父の日」や「母の日」にプレゼント贈るといった家庭もあります。

また配偶者の親(義理の親)にも贈るかどうか気を使うところですが、これも相手の両親が「贈らなくてもいいよ」と言うのであれば、無理をして贈る必要はないでしょう。

お歳暮は会社に贈る?

取引のある会社、また自分の勤めている会社や上司に対してはどうなのでしょうか。

取引のある会社へお歳暮を贈る

「取引のある会社」へお歳暮を贈るのは一般常識と言えるでしょう。なお会社の地域、所在地によって贈る時期が異なりますので、注意しましょう。なお、会社によってはお歳暮やお中元をお断りしているところもあります。その場合には無理をして贈らない方がいいでしょう。

上司や社長にお歳暮を贈る

最近では、お歳暮やお中元を上司や社長に贈らないように通達している会社もあります。しかし何も言われてない場合には贈るべきか悩むところでしょう。その場合には一度贈ってみましょう。もし「次回からは必要ない」と言われたら次回からは贈る必要はあrません。

お歳暮は結婚したら贈る?

特に女性は結婚をして実家から独立して暮らしたら、自分の両親と相手の両親にお歳暮を贈るかどうか迷うところでしょう。基本はどちらにも「贈る」が正解です。しかし親子間で「お歳暮を贈る必要はない」と考えている家もあります。配偶者からお互いの家の情報を得、話し合いましょう。

お歳暮の相場

お歳暮は途中で贈るのをやめると失礼にあたるものとされています。一回きりではないので負担のない金額のものを選びましょう。

金額については厳密な決まりごとはありませんが、だいたい三千円から一万円前後の幅があります。目安としては、

・親戚や知人  三千円〜四千円程度
・会社の上司、仲人、両親  五千円程度
・特にお世話になった人  五千円〜一万円
・お稽古事の先生   月謝の半額〜月謝と同額

お中元も贈っている場合には、お中元より下回らない額で、お中元より少し上乗せした金額の品物を贈ると良いでしょう。

お歳暮はいつ贈るのか?

お歳暮は一般的には毎年12月の中旬ごろ贈るとされていますが、地方によって若干異なります。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

お歳暮のマナー

「お歳暮」に贈ってはいけないもの、渡す時期、そして渡し方など、お歳暮に関わる「マナー」について

お歳暮に何を贈るべきなのか?

「お歳暮に何を贈るべきなのか?」- 迷うところだと思いますが、贈る相手の好みや家族構成を考慮に入れ、喜ばれそうなものを選ぶと良いでしょう。

お歳暮に贈ってはいけないもの

●「ハサミや包丁などの刃物」
相手との「ご縁」を切ってしまうものと考えられるので、これらを贈るのは控えたほうが良いでしょう。

●「櫛(くし)」
「く」「し」が「苦」と「死」をイメージさせるため、縁起が悪いとされます。

●「靴下や下着など身につけるもの」
相手が「みすぼらしい格好をしていると思っている」という意味で受け取られてしまうため、直接身につけるものを贈るのは避けた方が良いでしょう。

●「ハンカチ」
日本語でハンカチを意味する「手巾(てきれ)」が「手切れ」となり、「もうあなたとは会いたくない」という意味になるので避けたほうがいいでしょう。

●「現金や金券」
相手が「お金に困っていると思っている」という意味でで受け取られてしまうため、ひかえたほうがいいでしょう。

お歳暮に「ビール券」などを贈る人もいるようですが、同い年だったり気心がしれた仲であれば問題ないかもしれませんが、取引先や上司など目上の人に対しては気をつけたほうがいいと言えます。

●「文具、時計類」
勤勉の推奨を意味する品物なので、目上の人に贈るのは避けましょう。

●「相手が嫌いなもの」
例えば相手がアルコールが苦手なのにお酒を贈ってしまうパターンです。甘いものが苦手だったり、ダイエットをしているのにお菓子を贈ってしまったりすることもそうですね。

贈る時注意が必要なもの

●「生鮮食品」
届いてから相手が冷蔵庫に保管しなければならないものは相手の迷惑になる可能性があります。特に冷蔵庫の幅を取るものには注意が必要です。また少人数家族に食べきれない大きな生鮮食品を贈らないよう、相手の家族構成を知っておく必要があります。

●「花」
花を贈る事自体は問題ありませんが、不吉なものや縁起でもない「花言葉」を持つ花もありますので、あらかじめ調べておくことが必要です。

お歳暮のマナー:渡し方

お歳暮は本来直接相手を訪問して手渡しするのが理想です。しかし現代においてはなかなか直接訪問するのが難しいため、郵便や宅配便を利用して送ることが多くなりました。

相手の家や会社に贈り物を持参し手渡しをする場合には、相手の都合をまず聞き、迷惑にならない日に訪問しましょう。朝早くや夜遅く、また食事の時間帯の訪問は避けるようにしましょう。

贈り物は風呂敷に包み、挨拶をしてから風呂敷を解いて、熨斗が相手の方を向くようにして渡します。

手渡す時には、「今年は大変お世話になりました。心ばかりの品ですがお納め下さい」といったような言葉をひとこと添えて渡して下さい。

喪中に「お歳暮」を贈ってもいい?

お歳暮はお祝いごとではなく、「日頃の感謝の気持ちを表す」ものなので、相手が喪中であっても、お歳暮を贈ることは問題ありません。

お歳暮のマナー:のし紙について

お歳暮には、右上にのし飾り、中央に蝶結びで紅白5本の水引が印刷されているものを使うことをおすすめします。

自分か相手が喪中の場合は、慶事を表す紅白の水引やのしは使えないので、無地の短冊の表書きに「御歳暮」と書いたものを使います。

のし紙のかけ方には、「内のし」と「外のし」の2種類があります。

「内のし」とは、品物に直接、のし紙をかけ、その上から包装するもので、控えめに贈りたい場合に適しています。

「外のし」は、包装紙の上からのし紙をかけるもので、贈り物を強調したい場合や、直接先方のお宅に訪問して手渡しする場合に適しています。

のし紙の書き方

のし紙には表書きと贈り主の名前を書きます。何のための贈り物なのかを意味する表書きはのし紙の中央上段に、水引やのしにかからないように書きます。

中央下段には、表書きよりやや小さめに贈り主の名前を書きます。毛筆か筆ペンで書くのが理想ですが、ない場合にはサインペンやマジックでも大丈夫です。ただし、ボールペンで書いてはいけません。楷書で丁寧に書きましょう。

なお、お歳暮の期間に間に合わない場合には、「お歳暮」の代わりに、1月7日までに贈る場合は「御年賀」、その後なら「寒中御見舞い」と書きます。

お歳暮のお歳暮返しは必要ない

お歳暮をいただいたからといって「お歳暮返し」をする必要はありません。しかしどうしてもお返しをしたい場合には、時期をずらして贈りましょう。その際には表記は「お歳暮」ではなく、時期によって変えて下さい。

・元旦から一週間以内(松の内)に贈る場合:「お年賀」(※関西では元旦から1月15日まで)

・1月8日〜2月4日(立春の日まで):「寒中見舞い」

お歳暮の人気商品は?

ネットや実店舗でお歳暮商品を見ても、種類が色々あるので何を贈っていいか分からなかったりすることはないでしょうか。他の人はどんなものを贈っているか気になりませんか?

こちらのページに「お歳暮の人気商品」を挙げてみましたので、是非ご参照下さい。(現在準備中)

お歳暮のお礼状を出す時期

お歳暮をいただいたら、なるべく早くお礼状を出しましょう。お礼状は贈り物が無事届いたということを相手に知らせ安心させる意味でも必要です。

お礼状を書く順番は一般的に、

季節の挨拶
お歳暮をいただいたお礼の言葉を書きます。
家族がいる場合には家族も喜んでいる事を書きます。
相手の健康を気づかう言葉を書き、最後に結びの言葉で終わります。

こちらに「お礼状の例文」を書きましたので参考にして下さい。(準備中)